Loading

DOJIMA RIVER AWARDS

-日本画-

入選 佐藤可英〈プシュケーの翅〉

作品解説

ギリシャ神話に、プシュケーという名の人間の女性が、多くの試練を乗り越え幸せ
と永遠の命を得る、エロス神との恋物語があります。プシュケーはギリシャ語で魂
を意味し、それ故、蝶の翅を持ち永遠の魂を象徴する姿で表されます。現代に
ひた むき
生きる私達はまさに、強い魂と情熱、そして優しさをもって、直向きに荒波を乗り
越えなければならない時代にいると思います。

作品詳細
制作年
2016
サイズ
194×390
使用画材
雲肌麻紙、膠、墨、岩絵の具