Loading

DOJIMA RIVER AWARDS

-日本画-

入選 大庭孝文〈海景〉

作品解説

平面絵画という四角の画面の中で、自分が行った行為・表現がどのように効果を成していくのかに関心があり、日々実験を楽しみながら制作をしています。作品を完成させるにあたって大事にしているのは展示空間をイメージすること。架空の展示場所を想像し、その空間に負けない説得力があるかどうかが大事です。インスタレーション作品としての意識はなく、ひとつの平面絵画として完結することを目指しています。

作品詳細
制作年
2016
サイズ
183×342
使用画材
紙本、麻紙、寒冷紗、顔料、染料、金属箔